フォトフェイシャル《M22》

HOME > フォトフェイシャル《M22》

フォトフェイシャルとは

IPL(Intense Pulsed Light)という肌にやさしい光をお顔全体に照射して、シミ・くすみ・赤ら顔・毛穴の開き・小じわなどを改善する美肌治療です。しみや赤ら顔などの改善とともに、真皮層にも働きかけることでコラーゲンを増生し、肌のキメや質感を整えます。
マイルドな治療で、複数回繰り返すことでより効果が実感できます。

IPL(光治療)

 

M22の特徴

フォトフェイシャル治療で使用するM22は、厚生労働省より薬事承認を受けている医療機器です。
お肌の悩みに適した8つの波長フィルターが搭載されており、他機種と比べて選択肢が多く、様々な肌のお悩みに応じたオーダーメードの治療ができます。

 

 

  • 515、560nm:シミ、そばかす、くすみ
  • 590nm:赤ら顔、シミ
  • 615nm:赤ら顔、シミ
  • 640nm:シミ、肝斑
  • 695nm:肝班、毛穴の開き、肌質改善

 

 

  • Acne:にきび専用フィルター
  • Vascular:血管専用フィルター

 

さまざまな肌トラブルに対応

  • しみ
  • そばかす
  • くすみ
  • 赤ら顔
  • 毛細血管拡張
  • 小じわ
  • 毛穴の開き
  • 脱毛

このような方におすすめ

1 シミ・くすみ・赤ら顔・毛穴の開き・小じわなど複合的なお悩みをお持ちの方
2 周囲に気が付かれずに治療されたい方(治療後はガーゼ等で覆う必要がなく、直後からメイクが可能です)
3 痛みの少ない治療をご希望の方(ゴムでパチンと弾かれた程度で、麻酔も不要です)

レーザー治療との違い

レーザー治療とフォトフェイシャルは以下のような違いがあります。

肌全体のトラブル(シミ、そばかす、くすみ、赤ら顔、毛穴の開き、小じわ等)を改善します
レーザー治療 フォトフェイシャル
効果 ターゲットのみを改善します(シミならシミだけ等) 肌全体のトラブル(シミ、そばかす、くすみ、赤ら顔、毛穴の開き、小じわ等)を改善します。
施術回数・期間 一度の施術(または短期間)で治療行います 顔全体の治療が一度に行えますが、複数回の施術(3~4週間に1回)が必要です
施術後 レーザー照射後はガーゼや絆創膏が必要です 肌へのダメージが少なく、直後からメイクが可能です
レーザー治療
効果 治療したい症状によって機器が異なります。
施術回数・期間 一度の施術(または短期)で治療行います。
施術後 レーザー照射後はガーゼや絆創膏が必要です
フォトフェイシャル
効果 肌全体のトラブル(シミ、そばかす、くすみ、赤ら顔、毛穴の開き、小じわ等)を改善します。
施術回数・期間 顔全体の治療が一度に行えますが、複数回の施術(3~4週間に1回)が必要です。
施術後 肌へのダメージが少なく、直後からメイクが可能です

フォトフェイシャルのメカニズム

光老化によりメラニン色素が沈着してシミやそばかすがあり、肌が不均一な状態

IPLの光が肌トラブルの原因となっているターゲット(メラニンや毛細血管)に当たると、ターゲットに吸収され、熱に変わり、 ダメージを与えます。

赤外線領域の光も含まれているため、 繊維芽細胞が活性化され、内側から美しい肌に

施術の流れ

1 メイクを落とします

2 冷却ジェルを施術希望部位に塗布

3 IPLを照射
  照射は約10分。カメラのフラッシュのような眩しさや、ゴムでパチンと弾かれた程度の痛みがあります。

4 施術直後から洗顔・メイクが可能です

施術後の経過

施術前



施術2日後
照射後、しみの色調が濃くなります。


施術7日後
数日で痂皮(かさぶた)となり、剥がれ落ちます。シミが薄くなると共に、肌全体の色調も明るくなります。

施術後の注意点

  • 紫外線対策を必ず行ってください。
  • 直後はひりひりした感じや赤みが数時間残ることがあります。
  • 施術から1週間程度は肌が乾燥することがありますので、保湿するようにしてください。
  • 数日後、しみやそばかすの部分が濃く浮き出たような感じがする場合があります。1週間程度で かさぶたとなって自然に剥がれ落ちますので無理に剝がさないようにご注意ください。

起こり得る副作用

ごく稀ではありますが、施術後に起こり得る一般的な副作用は以下のとおりです。
  • 紅斑
    1~3日程度続く場合があります。
  • 色素沈着
    ほとんどは皮膚の色が濃い方や施術前後に日焼けされた場合におこります。多くの場合、半年程度で 消失します。
  • 熱傷
    施術前に日焼けをされた場合がほとんどで、水疱や痂皮ができることがあります。外用治療が必要になることも稀にあります。

治療をお受けいただけない方【禁忌事項】

  • 日焼けをしている(特に1カ月以内に長時間日光を浴びた方)
  • 施術後2週間以内に、長時間日光を浴びる予定がある
  • 治療部位に金属糸(金の糸など)または金属プレート等を入れている
  • 治療部位にアートメイクや刺青を入れている
  • 光線過敏もしくは光線過敏を高める薬剤をご使用中
  • 心臓ペースメーカーをご使用
  • 妊娠中
  • 糖尿病・心疾患・出血性疾患・てんかん・ベル麻痺がある
  • 治療部位に皮膚疾患がある
  • ケロイド体質がある 
  • 抗血液凝固剤を服用している

施術症例

シミ

施術前

施術3回

施術5回

 

そばかす・毛穴の開き

施術前

施術5回

 

シミ、くすみ、質感、キメ

施術前

施術5回

 

手背のシミ

施術前

施術4回

 

毛細血管拡張症

施術前

施術4回