しみ・そばかす・肝斑

HOME > しみ・そばかす・肝斑

 

当院のシミ治療

シミには色々な種類があり、それぞれ治療法が異なります。当院では肌画像診断機器を使用しており、肉眼では見えない隠れたシミ等を詳細に把握することができます。その上でシミの種類を正確に診断し、最適な治療法をご提案しています。
また、どのシミを優先して治療していくのかもとても重要です。シミ治療で来院される方は、数種類のシミが合併していることも多く見受けられます。積極的な治療を望まれる方や治療後にテープを貼ることを望まれない方など人それぞれで要望が異なります。
それらを総合的に判断して一人ひとりにあった適切な治療の提案をさせていただきます。

シミの原因

紫外線を浴びると皮膚の中でメラニンが増えます。このメラニンは表皮の細胞であるケラチノサイトに受け渡されることで紫外線から肌の細胞核を守ります。このようにメラニンは肌の健康のためには必要なものです。
皮膚は通常28日周期で新しい細胞に生まれ変わるターンオーバー(新陳代謝)を繰り返しています。紫外線を浴びて増えてしまったメラニンも、28日で皮膚表面に押し上げられ、最後は皮膚表面からアカとなってはがれ落ちていきます。
しかし年齢と共に肌のターンオーバーのサイクルが乱れて新陳代謝が滞ってくると、はがれ落ちるはずだったメラニンが残ってしまい「シミ」となってしまいます。シミができる主な原因は紫外線ですが、ストレス、喫煙などの生活習慣、ホルモンバランスの乱れなどもあります。
シミを長期間放置しておくとイボ状に隆起し「脂漏性角化症」という老人性のイボになってしまうこともあります。

 

シミの種類

老人性色素斑

 

シミで来院される方の中では最も頻度が高く、30代以降にできることが多い褐色斑です。輪郭がはっきりとした色素斑で、大きさや形は様々で数も単発から多発しているものまであります。原因の多くは長期の紫外線の影響と思われます。顔だけでなく手背など日光に当たりやすいところにもできます。


そばかす(雀卵斑)

 

学童期に発症し、遺伝があるとも言われている疾患です。両頬や鼻根部を中心に2mm前後の小さい褐色斑が左右対称に分布しています。日焼けにより悪化しやすいので紫外線対策がとても大切です。


肝斑

 

30~40代の女性に多く発症し、両頬に左右対称にぼんやりと広範囲に現れる褐色斑です。額や口周りにも見られることがあります。ホルモンや紫外線、肌のこすりすぎ等が原因とされています。レーザーの種類によっては悪化することもあるため注意が必要です。


後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

 

思春期以降に発症するシミで、これは「あざ」の一種で真皮にメラニンを作る細胞が増えているものです。両頬を中心に1~4mmくらいのやや青みや灰色を帯びた色素斑が左右対称に分布しています。鼻翼部にも同様の色素斑が見られることもあります。ADM患者の多くは自分の症状を「シミ」と認識していることから、正確に診断することが重要です。また見た目が肝斑に似ているため注意が必要です。


炎症後色素沈着(PIH)

 

ニキビや怪我、火傷などで肌に炎症が起こり、それが治った後にできる褐色斑です。基本的には数カ月(3~6カ月)で自然に消えていきますが長い期間を要することもあります。


当院のシミ治療

老人性色素斑の治療

フォトフェイシャルM22

フォトフェイシャルは光治療やIPLともいわれ、肌にやさしい光をお顔全体に照射することで「シミ・そばかす」をかさぶたにし、薄くする効果があります。その他にも「赤ら顔・毛穴の開き・肌のハリ・小じわ」を改善します。複数回繰り返すことでより効果が実感できます。治療後にはテープ保護は必要なく、直後からメイクも可能です。

 

フォトフェイシャルについて詳しくはこちら

Qスイッチルビーレーザー

シミの原因であるメラニン色素を効果的に破壊するレーザーで、シミの治療としては最も確実で治療効果も早く出ます。部分的なシミを強力に治療するため、治療部位のみ1週間ほどテープ保護が必要になります。

 

Qスイッチルビーレーザーについて詳しくはこちら

ゼオスキンヘルス

アメリカの著名な皮膚科医Dr.オバジが考案したスキンケアメソッドで、健康で美しい肌を取り戻す治療法です。12週~18週間の自宅で行うスキンケアプログラムで、「お顔全体のシミ」が薄くなり、「肌の色が均一」に整います。その他にも「肌のハリ・毛穴の開き・小じわ・にきび」を改善します。治療中は顔の赤みや皮むけが起こりますが、人前に出ることが多い場合には穏やかな治療でゆっくり効果を出す方法もあります。

 

ゼオスキンヘルスについて詳しくはこちら

イオン導入

微弱な電気の力により、ビタミンCやビタミンA、トラネキサム酸などの有効成分を皮膚の深部まで効率よく浸透させる治療法です。レーザー治療と同時に行うと効果的です。当院はエンビロンのイオン導入機器を使用しています。

 

イオン導入について詳しくはこちら


そばかすの治療

フォトフェイシャルM22

フォトフェイシャルは光治療やIPLともいわれ、肌にやさしい光をお顔全体に照射することで「シミ・そばかす」をかさぶたにし、薄くする効果があります。その他にも「赤ら顔・毛穴の開き・肌のハリ・小じわ」を改善します。複数回繰り返すことでより効果が実感できます。治療後にはテープ保護は必要なく、直後からメイクも可能です。

 

フォトフェイシャルについて詳しくはこちら

ゼオスキンヘルス

アメリカの著名な皮膚科医Dr.オバジが考案したスキンケアメソッドで、健康で美しい肌を取り戻す治療法です。12週~18週間の自宅で行うスキンケアプログラムで、「お顔全体のシミ」が薄くなり、「肌の色が均一」に整います。その他にも「肌のハリ・毛穴の開き・小じわ・にきび」を改善します。治療中は顔の赤みや皮むけが起こりますが、人前に出ることが多い場合には穏やかな治療でゆっくり効果を出す方法もあります。

 

ゼオスキンヘルスについて詳しくはこちら

イオン導入

微弱な電気の力により、ビタミンCやビタミンA、トラネキサム酸などの有効成分を皮膚の深部まで効率よく浸透させる治療法です。レーザー治療と同時に行うと効果的です。当院はエンビロンのイオン導入機器を使用しています。

 

イオン導入について詳しくはこちら


肝斑の治療

レーザートーニング

肌の中で停滞しているメラニンに穏やかに働きかけ、かさぶたなどのダウンタイムなしに徐々に「肝斑」を改善していきます。その他に「シミ・くすみなどの色むら、毛穴の開き、肌のハリ」にも効果があります。治療回数は肌質や症状により異なりますが5~10回が目安になります。治療直後よりメイクが可能です。

 

レーザートーニングについて詳しくはこちら

ゼオスキンヘルス

アメリカの著名な皮膚科医Dr.オバジが考案したスキンケアメソッドで、健康で美しい肌を取り戻す治療法です。12週~18週間の自宅で行うスキンケアプログラムで、「お顔体のシミ」が薄くなり、「肌の色が均一」に整います。その他にも「肌のハリ・毛穴の開き・小じわ・にきび」を改善します。治療中は顔の赤みや皮むけが起こりますが、人前に出ることが多い場合には穏やかな治療でゆっくり効果を出す方法もあります。

 

ゼオスキンヘルスについて詳しくはこちら

イオン導入

微弱な電気の力により、ビタミンCやビタミンA、トラネキサム酸などの有効成分を皮膚の深部まで効率よく浸透させる治療法です。レーザー治療と同時に行うと効果的です。当院はエンビロンのイオン導入機器を使用しています。

 

イオン導入について詳しくはこちら

内服外用療法

トラネキサム酸・ビタミンC・ビタミンEの内服治療を3カ月程度行うと効果的です。症状に応じて薬剤量や内服期間を変更しております。また美白外用剤であるハイドロキノンやビタミンCを日々のスキンケアで使用し、シミの原因となっているメラニンの排出を促す目的でビタミンA(レチノール)の入っている化粧品も併用するとより効果的です。


後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)の治療

Qスイッチルビーレーザー

皮膚の真皮層にあるメラニン色素を効果的に破壊するレーザーで、ADMの治療としては最も確実な治療法です。濃いシミの場合は複数回の治療を要することもあります。治療部位のみ1週間ほどテープ保護が必要になります。

 

Qスイッチルビーレーザーについて詳しくはこちら


炎症性色素沈着(PIH)の治療

レーザートーニング

肌の中で停滞しているメラニンに穏やかに働きかけ、かさぶたなどのダウンタイムなしに徐々に「肝斑」を改善していきます。その他に「シミ・くすみなどの色むら、毛穴の開き、肌のハリ」にも効果があります。治療回数は肌質や症状により異なりますが5~10回が目安になります。治療直後よりメイクが可能です。

 

レーザートーニングについて詳しくはこちら

イオン導入

微弱な電気の力により、ビタミンCやビタミンA、トラネキサム酸などの有効成分を皮膚の深部まで効率よく浸透させる治療法です。レーザー治療と同時に行うと効果的です。当院はエンビロンのイオン導入機器を使用しています。

 

イオン導入について詳しくはこちら

内服外用療法

トラネキサム酸・ビタミンC・ビタミンEの内服治療を3カ月程度行うと効果的です。症状に応じて薬剤量や内服期間を変更しております。また美白外用剤であるハイドロキノンやビタミンCを日々のスキンケアで使用し、シミの原因となっているメラニンの排出を促す目的でビタミンA(レチノール)の入っている化粧品も併用するとより効果的です。

料金

 

よくあるご質問

Q:シミの治療は何回くらい必要ですか?

シミの種類によって治療法が異なるため、必要な治療回数が変わります。例えば部分的なシミをQスイッチルビーレーザーで治療する場合は1~2回、顔全体のシミをフォトフェイシャルM22で治療する場合は5回程度が目安です。医師の診察時に治療回数を説明いたしますのでお気軽にご相談ください。治療後も定期的な肌のメンテナンスを継続していただくことで、より効果を持続することができます。

 

Q:痛みはありますか?

治療によっては痛みを伴うものがありますが、ほとんどのシミ 治療は麻酔なしで施術が可能です。ご心配な方はお気軽にご相談ください。

 

Q:シミの治療後をすれば、二度とシミはできませんか?

紫外線や皮膚への刺激によりメラニンが作られるため、再びシミが出てくることがあります。日焼け止めを使用するなどの紫外線ケアがとても大切です。

 

Q:日焼け肌でも治療はできますか?

肌の色を問わず治療はできますが、日焼け直後は皮膚が熱をもっている状態ですので思わぬ副作用を招きかねません。日焼けが落ち着いてから施術をお受けください。

 

Q:日常生活に支障はありますか?(ダウンタイム)

治療方法によって異なりますが、テープ保護が必要なシミ治療はQスイッチルビーレーザーのみで、それ以外のシミ治療は治療直後よりメイクが可能です。医師の診察時に施術後のダウンタイムについて説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

 

Q:シミのレーザー治療後に注意することはありますか?

治療部位を擦ったりすることで症状が悪化することがあります。洗顔やメイクを行う際は強く擦ったりしないようにしてください。また紫外線によるダメージを受けやすい状態になっていますので、必ず日焼け止めをご使用ください。