お悩み別ACNE

HOME > お悩み別

しみ・そばかす・肝斑

①老人性色素斑

輪郭がはっきりとした色素斑で老人性色素斑と言われますが、20代でもできることがあります。原因の多くは長期の紫外線の影響と思われます。Qスイッチルビーレーザーがとても有効で、ほとんどは1回の治療で除去することが可能です。光治療でも完全とまでは言えませんが、かなりしみは薄くなります。

◆当院での治療

②そばかす(雀卵斑)

学童期に発症し、1~数mm大のしみが両頬・下眼瞼~鼻根部にパラパラと多発する疾患です。明確な遺伝形式は明らかではありませんが、家族内発症が多くみられます。治療はQスイッチルビーレーザーや光治療によく反応しますが、長期的には再発を避けることが難しいです。日焼けにより悪化するため、紫外線対策がとても大切です。

◆当院での治療

③肝斑

30~40代に多く見られるシミで、頬、額、口の周りに左右対称に現れます。原因ははっきりとしていませんが、女性ホルモンの影響、洗顔や化粧品などによる刺激、紫外線など様々な原因があると言われています。また、慢性の過刺激性炎症後色素沈着との考え方もあるため、治療を行う上ではなるべく刺激を与えないことに注意しています。

◆当院での治療

④後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

思春期以降に初発するしみで、多くは両側対称性にみられます。これは「あざ」の一種で真皮にメラニンを作る細胞が増えているものです。見た目が肝斑に似ているため注意が必要です。というのもADMと肝斑では治療が全く異なるからです。ADMの治療はQスイッチルビーレーザーが非常に有効です。ADM患者の多くは自分の症状を「しみ」と認識していることから、まずは正確にしみの種類を診断することがとても重要なのです。

◆当院での治療

⑤炎症後色素沈着(PIH)

これは一過性の色素沈着で、外傷・熱傷・レーザー後などの傷が治ったあとや、皮膚の炎症が治癒したあとに生じる褐色斑です。何も治療を行わなくても自然治癒します。その期間は顔で3~6カ月、体・上肢で1~2年、下肢では2~3年ほどになります。

 

◆当院での治療

小じわ・くすみ・肌質改善

◆治療

  • IPL(光治療)(当院で一番人気治療。小じわ・くすみだけでなくシミも気になる方におススメ)
  • レーザートーニング(赤みなどの副作用がほとんどないため、ゆっくりでも副作用のない治療を希望される方におススメ)
  • ゼオスキンヘルス(赤みや皮剥けなどの副作用があっても、しっかりとした治療効果を求める方におススメ)
  • マッサージピール(副作用がほとんどなく、紫外線の影響も受けにくいため、季節を問わずに人気の治療)
  • ダーマペン(最近話題の治療で、治療当日はお化粧品の使用はできませんが、しっかりとした治療効果を求める方におススメ)
  • ヴェルベットスキン(人気のマッサージピールとダーマペンを組み合わせた治療)
  • ケミカルピーリング(安全性が高く、くすみ等だけでなくニキビのある方や全ての肌質の方におススメ)
  • イオン導入 超音波導入(レーザー治療やケミカルピーリング等の処置に併用すると治療効果が高まります。副作用もほとんどないためすべての肌質の方におススメ)

毛穴の開き・黒ずみ

◆治療

  • ケミカルピーリング(安全性が高く、毛穴の詰まりだけでなく、くすみやニキビがある方にもおススメ)
  • IPL(光治療)(当院で一番人気の治療。毛穴の開きだけでなく、シミも気になる方におススメ)
  • マッサージピール(副作用がほとんどなく、紫外線の影響も受けにくいため、季節を問わずに人気の治療。毛穴以外にも小じわや肌質改善におススメ)
  • ゼオスキンヘルス(赤みや皮剥けなどの副作用があっても、しっかりとした治療効果を求める方におススメ)
  • ダーマペン(最近話題の治療で、治療当日はお化粧品の使用はできませんが、しっかりとした治療効果を求める方におススメ)
  • ヴェルベットスキン(人気のマッサージピールとダーマペンを組み合わせた治療)
  • イオン導入 超音波導入

いぼ・ほくろ

◆治療

医療レーザー脱毛

にきび・にきび跡 

にきびは皮脂が多く、毛穴が塞がることで面皰(白にきび)ができて発症します。これがにきびの初期病変であり、これに常在菌であるにきび菌が増えて加わることで活動性のにきび(赤にきび)になるのです。にきびがどの状態かで治療は異なってきますので、おひとりおひとりに応じた治療を計画していきます。

◆治療

  • ケミカルピーリング(安全性が高く、全てのにきびの方におススメ)
  • IPL(光治療)(当院で一番人気の治療。にきび跡の赤みが気になる方におススメ)
  • ゼオスキンへルス(にきびだけでなくシミも気になる方で、赤みや皮剥けなどの副作用があっても、しっかりとした治療効果を求める方におススメ)
  • CO2フラクショナルレーザー(にきび跡の瘢痕があり、炎症後色素沈着等の副作用はあっても、しっかりとした治療効果を求める方におススメ)
  • ダーマペン(にきび跡があり、あまり副作用がない治療を希望される方におススメ)
  • イオン導入 超音波導入(ケミカルピーリングと併用することでにきびの治療効果を高めます。またにきび跡のシミが気になる方にもおススメ)
  • 保険診療(内服・外用治療)

多汗症(わき)

◆治療

  • ボツリヌス注射(わき汗)、外用治療